ぽっちゃり女性ならではの面接における心得

面接の場ではしっかりと自己アピールを!

ちょっと一言よろしいですか?当店はぽっちゃり専門店ですので、当然面接に来る女性のほとんどがぽっちゃりした女性になります。
そんな彼女たちには、面接官として強く言いたいことが一つあります。
それは、面接の場では自分の魅力を面接官に積極的に伝えるべきだということです。
特に若い女性は自己主張をしない方が増えました。
見た目は存在感抜群に目立っているのに、いざ話し始めると自信無さ気で、目立ちたくないという心理が透けて見えます。
しかし、太った女性は嫌でも目立ちます。
そこはもう諦めて、見た目に負けないほどの堂々とした主張をしてくれるのを、面接官はいつも期待しているのです。

なぜ面接官が応募者の主張を聞きたがっているのかというと、自分の魅力をしっかりとアピールする為には自己分析が出来ていないと出来ないからです。
自己分析とは、自分自身をどう捉えているのか?ということですから、この仕事を始める動機や自分の進みたい方向性に関して自分の考えを整理しておかなければなりません。
仕事や新たな人間関係を通じて自分が変わっていくことは素敵なことですが、一番大事なことは、いつでも自分で自分のことをどう理解しているのかということなのです。
太っている自分の姿を受け入れて、その上で各自が「ぽっちゃり」という属性についてどのような考えを持っているのかということを教えて欲しい。
面接官は、その一点にこそ関心を寄せているのです。

ぽっちゃりした女性のファッションの特徴

その他にも私の場合は、応募者の体型に注目しています。
ぽっちゃりした女性は、体型を隠そうとするあまり、ゆったりとしたファッションを好む傾向にあります。
しかし、面接の際には、可能な限り身体のラインが分かる格好で来てもらいたいですね。
あくまでも面接ですので、過度に露出度の高い服を着る必要はありませんが、身体のラインは採用後に男性客からの指名を得られるかにも掛かってきます。
ファッションも自己主張の一つですから、客観的に自分に似合うかも含め、どれだけ自分のことを理解しているかの指針にもなります。
少なくとも、自分のことを良く分かっていて自信を持っている女性であれば、過度にゆったりとしたファッションは好まないのではないでしょうか。

私も面接官として何百人という女性を見てきましたから、服装の好みも含めた外見からでも十分にどのようなタイプの方かを予想出来るだけの経験があります。
だからこそ、フォーマルなスーツも不要ですし、いつも通りの自分らしい格好で面接を楽しんでもらえると嬉しいです。
ファッション一つとっても、ぽっちゃり女性ならではのファッションを模索してみるのも良いですし、お客様に喜ばれる服装とはどんなものかを考えてみたりするのも楽しいと思いますよ。
そうして新たな自分の魅力に気付くこともあるでしょうし、自信も深まっていくのだと思います。
ぽっちゃりや太っている女性というのは、見た目からして分かりやすいアイコンとして「巨乳」や「癒し」とも親和性が高く、初心者でもすぐに稼げる可能性があります。
一見すると、「人妻」や「学生」といったカテゴリの方がメジャーで稼ぎやすい気もしますが、その分ライバルである風俗嬢も多いものです。
せっかく風俗嬢として稼げるバランスの良い特長である体型をしているのであったら、他のブランドには浮気をせずに、ぽっちゃりならではのサービスを極めてみた方が、より稼げる道は開けやすいだろうと断言できます。

お給料の相場を聞いてトラブル回避

お店内の格付けを事前にチェック面接の場では自分のお給料だけでなく、「お店の日給の相場」を確認しておくことで、多くのトラブルを未然に防ぐことが出来ると思います。
この「相場」を聞くことで、現在の自分のポジションがどこなのかも分かりますし、お店側の集客力も予想がつきます。
待機室には限りがありますし、一日のお客さんが全て指名客で埋まるには時間が掛かります。
お客さんからの要望もありますが、お店がどれだけのお客さんを付けてくれるかを知る為には重要な情報になります。

さらに複数のお店のお給料の相場を知っていれば、業界内でのそのお店のポジションも分かりますよね。
お店の質が悪ければ、当然そのお店に集まる女性たちの質も低くなっていきますし、お客さんの質も下がります。
もし、あなたがお店を選べる立場にあるのだとしたら、面接で採用されるからと言ってすぐに入店を決めるのではなく、少し腰を据えて他のお店の求人情報を調べてみるのが賢明です。
基本的に風俗業界の求人市場は売り手が優位です。
その傾向を活かして、余裕を持ったお店探しが出来れば、結果的に高収入かつ長く働ける優良店に巡り合う確率も高くなるはずですので、不安や焦りをグッと堪えて求人情報と向き合ってみてくださいね。

風俗嬢とスカウトと求人広告の三角関係

スカウトと友達の違い

友達とスカウトの境界線はどこ?風俗業界には「友だちの紹介」がきっかけ、という女性が多くいます。
ここで言う「友だち」とは、ほぼ「スカウト」だと思ってよいでしょう。
出会いは様々ですから、高校時代からの友達というケースもあるでしょう。
しかし、その「友だち」はあなたが入店した時点で幾らかのバックマージンを受け取っているはずです。
さらに、あなたの売り上げの中からも何%かの御礼を受け取っているはずです。
そのような金銭的メリットがあるからこそ「良い求人があるのだけど」と、あなたに紹介をしてくれる訳です。
そして、スカウトにはもう一つ仕事があります。
それは、あなたを店から辞めさせないこと、または移籍させることです。
あなたが職場での人間関係がうまくいかなかったり、指名客を増やすことがなかなか出来なかったり、全くお客さんが付かない時に、その友達は頻繁に連絡をくれませんか?
スカウトは自分が担当する女の子からのバックマージンが受け取れている間は、何とかそのお店に居続けさせようとしますし、反対にバックマージンが入ってこない場合は、お店を移籍させて、より稼げる環境へ移るように提案してくるはずです。

スカウトと友達は似たような関係になることが多いので分かり辛いですが、あなたのことを思って相談に乗ってくれるのが友達であり、自分のメリットを考えて相談に乗ってくれるのがスカウトと言えます。
あなたが頼りにしている友達はどうでしょうか?
思い当たる節がある方は、友達というよりもスカウトとして向き合った方が良いかもしれませんね。
スカウトとは言え、何も悪い人という訳ではありませんので、あくまでも正しい人間関係を築くことが大事だと思います。
私が出会ってきたぽっちゃり嬢たちも、スカウトと思われる人物と関係がある女の子は多いです。
太った女性というのは、その目立つ容姿と同じくらいに自己主張をしていけば良いのにと常々思うのですが、自己評価の低い女の子が多くいます。
そこにこそスカウトが入り込む余地があるんですね。

求人広告とスカウト

当店の場合、求人募集に広告を利用していますが、スカウトには依頼していません。
もちろん、スカウトに依頼をした方が即戦力になりやすい女の子を用意してくれますし、求人広告のように1件も応募が無かったなんてことも無いので、無駄なコストも削減できます。
さらには女の子たちの心のケアまでしてくれるアフターフォロー付きです。
風俗店の規模によっては、ゼロから風俗嬢を育てる余裕が無いお店もあるので、放っておいてもスカウトの許で、ある程度は勝手に育ってくれることもメリットとなるでしょう。
しかし、それでもスカウトを利用しないのには、明確なデメリットがあるからなんです。

求人募集をスカウトに依頼するということは、アウトソーシングをするということです。
つまりお店にとっては、いつまで経ってもノウハウが蓄積されることはありません。
求人広告であれば、応募をしてきた女の子に対して面接の場で、どのような情報が魅力的だったかや、どのような待遇があると嬉しいかなどの質問ができますよね。
しかし、スカウトで入店した女の子の場合は、そもそも求人情報など見ていませんし、「紹介されたから」とか「良い条件のお店があるって聞いたから」というような漠然とした情報しか手に入りません。
当然、スカウト経由で入店した風俗嬢はお店のスタッフよりもスカウトを頼りにしますので、必然的に向き合う頻度が少なくなりますし、突然に相談も無く退店してしまうということも起こり得ます。
反対に求人広告経由で入店した風俗嬢は、入店から退店までお店のスタッフが付きっきりで管理をしますので、悩み事や要望はお互いに相談をしながら決めていけます。
こうしてお店には独自のノウハウが溜まっていくのです。
このように、スカウトを介すことで、風俗嬢と直接向き合う機会を逸してしまうことが最大のデメリットにもなるのです。

風俗嬢こそがお店に必要な情報を持っている

風俗嬢こそ有益な情報の宝庫当店が風俗嬢と向き合う機会を大事にしているのは、彼女たちがお店にとって情報の宝庫だからです。
風俗はサービス業ですから、お客さんの意見が一番重要です。
しかし、お店のスタッフがお客さんと話をすることは基本的にありません。
受け付けや電話での応対はありますが、コースや指名を選ぶだけで、お店への要望や女の子のサービスに対する感想を聞く機会が無いのです。
そのような情報は、風俗好きが集まる掲示板サイトなどで探すことが多いのですが、お店の最前線に立つ風俗嬢こそが持っている場合も少なくありません。
特に風俗嬢との他愛のない会話の中にこそ、お客さんのニーズや直すべき課題が隠れていることがあるのです。

ある時、お客さんから「脱ぐのが早いよ(笑)」と言われた風俗嬢がいました。
もちろん、お客さんもクレームを言ったつもりは無く、あくまでも雑談の範囲です。
しかし、この件をきっかけに在籍嬢全員にアンケートを取ってみた所、サービス中に自分が衣装を脱ぐタイミングを意識している女の子は一人もいなかったのです。
些細な点ではありますが、お店のスタッフはもちろん、風俗嬢にとっても無自覚な接客がされていることの証であり、少なくとも顧客のニーズに合っていなかったことは確かです。
きっと気付いていないだけで、このような些細な違いが日常の中には無数にあると思うのです。

風俗嬢の管理をスカウトに任せることは、求人募集に留まらずに男性客のニーズまでも見えなくなってしまう可能性があります。
それらを理解する為には、やっぱり直接ヒアリングできる環境を整えることがベストの方法だと思うのです。
そうして得た情報の積み重ねが、他店とのアドバンテージになるかもしれませんし、他店との差を埋めることになるかもしれないと思いませんか?

出稼ぎの求人を探す時の注意点

出稼ぎスタイルのメリットとデメリット

出稼ぎの良い点と悪い点風俗店での働き方には様々な方法がありますが、今回は「出稼ぎ」に焦点を当ててお話ししたいと思います。
始めに出稼ぎのメリットとしては、知人バレの確率が圧倒的に低いことが挙げられます。
自分の生活圏から離れた場所で働くことになりますので、仮に顔出しをして働いていたとしても問題無いケースが多いので、短期間で効率よく高収入を稼ぐことが可能です。
次に、自分で決めた一定期間だけ働けば良いということ。
出稼ぎ先のお店で働くことが決まった時点で最終出勤日も決まっているので、お店から引き留められることもありません。
あくまでも自分の予定に合わせて、夏休みや正月休みなどの長期休暇の時だけ働くということが可能になるので、学生や本業が別にある女性にとっても融通の利きやすい働き方になります。

反対に出稼ぎのデメリットには何があるでしょうか。
一番不安なことは、働くお店がどのようなお店なのかは、実際に働き始めてみるまで分からないということが挙げられます。
もちろん事前に求人広告を見たり、お店のスタッフとのやり取りを重ねる訳ですが、それだけでは本当の優良店かどうかを判断するのは難しいでしょう。
もう一点、考えられるデメリットとしては、あなたが一人の時間を苦にしないかどうかです。
出稼ぎの女性を求めている風俗店は全国にありますので、全てのお店が大都市や繁華街にあるとは限りません。
中には遊べるスポットが全く無くて、仕事中以外はやる事が無いなんていうこともありますし、お店によっては同僚の女の子と接触する機会が全く無いケースもあるので、一人の時間の過ごし方が上手な方の方が向いていると言えます。

私の出稼ぎ体験談

かく言う私も、初めて風俗で働いた時は出稼ぎスタイルでした。
私は関西出身なのですが、20代の頃にお金が必要になり、風俗で働く決意をしました。
そして、知り合いにバレることを最も恐れた私は、関西圏以外のお店を第一条件としたのです。
当時は風俗の求人情報と言えば、専門雑誌がコンビニで売っていた時代で、関西圏以外のお店の求人情報を片っ端から読み込みました。
その結果、選んだお店は埼玉県のデリヘル店でした。
選んだポイントは、日給保証が高く、東京からも近すぎず、遠すぎずの位置にあったからです。
早速お店に電話をして、「寮に入居できるのか」や「日給は本当に保証してもらえるのか」を確認したのですが、困った展開になりました。
それと言うのも、私はすぐに入店が決まると思い込んでいたのですが、お店のスタッフは「一度、面接に来てください」と言うのです。
面接に行くということは、不採用になる可能性もある訳で、ただでさえお金の無い私は、新幹線代でさえ出すのが厳しい状況だったので悩みました。
その結果、近い条件の別のお店に連絡をした所、電話でのやり取りで採用を決めてもらい、万が一実際に会ってからやっぱり不採用となる場合は交通費を全額お店が負担をするという約束をしてもらえたので、そちらのお店で働くことにしたのです。

地方都市の風俗店による洗礼

田舎過ぎて目印になるものも無い今でこそスマホがあるので、乗り換えや地図を使って問題無く面接場所へ行くことが出来るようになりましたが、私の時代は埼玉県のとある駅の目の前にある喫茶店に行くまでにどれだけ苦労したことでしょう。
都会の人は日本全国の人が都道府県や市区町村の位置や最寄り駅のことを知っていて当たり前だと思っていますよね。
しかし、地方出身者の方であれば、みんな同じ気持ちだと思いますが、どれだけ分かりやすい場所が目的地であったとしても、そこまでの道のりで戸惑うことがたくさんあることを理解してくれると思います。
私も面接官としての立場になった時に、昔の自分の気持ちを思い出して、応募者への誘導を出来るだけ丁寧に教えることを心掛けています。
それだけ風俗の仕事をすることはもちろん、出稼ぎのように自分の育った土地とは全く関係の無い場所へ行くことは精神的にも負担の大きいことだと分かっているからです。

出稼ぎではお仕事以外の環境を確認することが大事

昔では珍しかった出稼ぎスタイルも、今ではたくさんの求人サイトがあるので、簡単に探すことが可能です。
むしろ、求人情報が多い為に選択肢があり過ぎて迷ってしまうかもしれません。
しかし、多くのお店がお店までの交通費を負担してくれたり、出稼ぎの期間中はウィークリーマンションや寮などに宿泊できるように手配をしてくれています。
一見すると、至れり尽くせりのような環境にも思えますが、中には宿泊費などはお給料の中から差し引かれるケースもあるので、特にお金に関する条件は細かく確認しておく方が良いと思います。

そして、夏休みの期間だけといったように、短期間に集中して働けるからこそ、お仕事以外の時間がどれくらいあって、どのようなことが出来るのかを事前に確認しておくことが重要です。
出稼ぎといえども、一日中働き続ける訳ではありませんし、短期間とはいえ慣れていない土地で生活していくことは考えている以上にストレスが溜まります。
そのストレスはお仕事にも影響をしますので、お仕事以外の時間をいかに有意義に過ごせるかによって出稼ぎの印象が大きく変わるはずです。
求人情報の中で「出稼ぎ」のことに関する情報が多いお店は、ノウハウもあってバックアップ体制が充実しているはずです。
短期間で集中して稼げるという出稼ぎのメリットを最大限に活かす為にも、お店選びから入念に取り組んでみると満足のいく結果が得られやすいと思いますよ。

ぽっちゃり店のスタッフは噂に敏感であるべき

面接で落とされた風俗嬢はネガティブな印象を持つもの

不採用はネガティブな感情を産むあまり知られてはいませんが、風俗店の面接といえども誰でも採用されるとは限りません。
当店の場合は、他店よりも審査基準が厳しめかもしれませんが、採用率は50%程度だと思います。
せっかく面接に来て頂いても、半分の人はご縁が無かったということで不採用になってしまう訳ですから、面接官としてはたった数十分間の面接であっても、応募者にとって何らかのプラスになるような時間を作りたいと考えています。
相手の気持ちを自分に置き換えて考えてみれば、不採用になったお店の印象はネガティブなものになりがちです。

それを裏付けるように、先日の面接でショッキングな話を聞きました。
それは、面接で落とされた時に面接官から悪口を言われたというものです。
詳しく話を聞くと、「うちはデブの店じゃなくて、ぽっちゃりの店なんだよね」と言って、大きな音を立ててゴミ箱に空き缶を捨てられたというのです。
この話が真実なのか勘違いなのかは調べようが無いので分かりませんが、彼女が傷付いて悪口を言われたと感じていることは事実であり、そのような状況が生まれたこと自体が問題であると思います。

風俗嬢の間でもお客さんの間でも噂は存在する

悪い噂は知らない間に広まるものそのお店は、風俗業界では知られた有名グループ店の一つなので、スタッフの教育はしっかりとしているはずです。
それでも、たまたま面接官の機嫌が悪かったのか、ゴミ箱が大きな音の出やすい材質のものだったのかは分かりませんが、当の本人はこのようなネガティブな噂があることに気付いてもいないのではないでしょうか。
当然ですが、このようなケースの積み重ねは応募者の数に影響します。
しかし、実際に応募者の数が減らなければ担当者は何か異変が起きていることに気付きませんし、数ある要因の中から正しい原因に辿り着ける可能性も低いです。
また、運良く悪い噂が立っていることに気付けても、その時には既に手遅れになっているほどに広まってしまうのが噂の怖い所なのです。

さらに、このような悪い噂が囁かれるのは風俗嬢のコミュニティだけに限らず、男性客のコミュニティでも同様です。
人気のお店であればあるほど、利用客や見込み客の数も多くなるので、注目度が高まります。
たまたま一人のスタッフの応対が悪かっただけで、お店全体の印象を貶めてしまいます。
そして、じわじわとボディブローのように店の悪評を形作っていくのです。
どれだけ広告費を掛けて耳触りの良い情報を流しても、人の口コミに勝る企業広告はありません。
だからこそ、接客業は常に細心の注意を払って仕事に臨むことが大切であり、管理職は部下の教育と現場のマネジメントを徹底して行い、自分のお店に対する評判の変化に敏感でなければならないのです。

「不採用になって残念だな」と思わせる面接を目指す

ファンを増やす努力を怠らない私は面接に来てくれた女性には、必ず店内の全てを案内するようにしています。
スタッフルームはもちろん、トイレの中まで見せるので、時間は掛かってしまいますが、当店の全てを知ってもらった上で入店してもらいたいからです。
もちろん、縁が無くお断りをする方でも案内をしますし、そういう方にこそ「感じの良いお店だったな。落ちて残念だな」と思っていただくことを目指しています。
求人広告を見て、面接に来てくれるということは、当店に興味を持っていただいているということですから、例え不採用であったとしても、当店のことを知ってもらう時間は無駄では無いと思っています。
そうして、納得をして次に進んでもらいたいですし、実際に二度目、三度目の面接で採用になる方もいます。
こうして男性・女性分け隔てなく、当店のファンを増やしていくことが私の責務であり、悪い噂はすぐに広まるからこそ、まずは自分に悪い点は無いのか、より成長できる点はどこかを考えることで対策していくことが出来るのではないでしょうか。
そう考えると、たった数十分の面接であろうと、決して疎かには出来ないはずです。

Scroll To Top